ハワイアンミュージック.com とは?

ハワイアンミュージック.comは、知って得する情報をコンパクトにお届けする情報マガジンです。
ハワイ、絶景、旅行、ホテル、グルメ、音楽、季節のイベントなどの情報を紹介しています。

ハワイの音楽のように、聴いて楽しくなるような、心地よい情報をお届けします。

メッセージはこちらへ:hawaiian_music_aloha@yahoo.co.jp
※返信ができないこともあります。ご了承ください。

運営者プロフィール


ハワイアンミュージック.com 編集長 / ライター Sasa

1972年青森市生まれ。さいたま市在住。大学卒業後、JTB系旅行代理店勤務、フリーMC・リポーター、地域情報紙編集などを経てライターへ。2010、2011ハワイアンデー(青森)実行委員会メンバー。ハワイとハワイアンミュージックが好き。

Aloha!!! サイト運営者のSasaです。

旅行代理店へ勤務して以来、私はハワイが大好き。北国で育った私は、あたたかい南国・ハワイへ憧れを持ちつづけてきました。この情報マガジンではハワイのことを中心に、私が知りたいと思ったことを調査してご紹介しています。ハワイの友人から届く、ハワイのレアな情報も。情報によりお役にたてたら幸いです。

略歴

大学時代

外国語が得意だったので、ドイツ語を学ぶ。塾講師、コンビニ、寿司屋などの複数のバイトをかけもちした結果、時間がなくなる。本をたくさん買っていたが、読む時間があまりないことに気づく。

速読講座に少しだけ通い、速読はできないが速く読む要領をつかむ。授業では毎日、辞書を使って翻訳作業。語彙や言葉に興味を持ち始める。当時なりたかった職業は、新聞記者か作家。

OL時代

JTB系旅行代理店に勤務。カウンターで、国内海外のパッケージツアーやホテル宿泊、格安航空券などを販売。国内旅程管理主任者資格保有、海外旅程管理主任者試験合格。損害保険募集人資格を保有し、海外旅行保険も販売。

国内海外のガイドブックを集めて旅の情報通になろうとする。趣味で地元FM局が主催するアナウンス教室へ通う。

アナウンサー時代

趣味が高じてフリーアナウンサーへ。式典、結婚式、イベントなどの司会進行役、FM局のラジオリポートなどに従事。

編集者時代

アナウンス以外に手に職がないことに気づく。パソコンを学ぶ。地域情報紙編集の案件へ応募。総務省受託事業、公的機関発行のフリーペーパー作成に従事する。月刊情報紙では地域の観光スポットやイベント情報、地域の人などを紹介する。

取材、写真撮影、記事作成、編集を担当。一応、編集長。のちに貿易系独立行政法人の冊子編集などにもたずさわる。

冬眠したくなるほどの北国の寒さから逃亡したくなり、ハワイへの憧れが強くなる。2010、2011年ハワイアンデー(青森)実行委員会メンバー。

イベントでは各種メディアへの広報とステージ司会を担当。海のある公園に1000人近くの人が集まる。
青森が1日ハワイになる。

ライター時代

旅行系のライターになる。主に、ウェブ上で高級ホテルの宿泊を販売する旅行会社より、記事作成を受託。ラグジュアリー系のホテルや温泉旅館、観光スポット、イベント、絶景、テーマパークなどを紹介する記事を投稿。

ハワイアンミュージック.com 運営

自由なテーマで記事を書きたくなる。ライターとして記事を投稿する傍ら、「ハワイアンミュージック.com」を公開。人が見てわくわくしたり、楽しくなるようなテーマが好き。

免責について


情報マガジン「ハワイアンミュージック.com」は、常に正しい情報を発信するように努めています。万が一、掲載情報やリンク先などによりいかなる損失や損害などの被害が生じても、当サイトでは責任を負いかねます。ご了承ください。

広告について

情報マガジン「ハワイアンミュージック.com」では、Amazonアソシエイトなどのアフィリエイトプログラムを利用しています。商品の詳しい情報や購入方法、お問合せについては、リンク先の各店舗にてご確認ください。商品の購入に関するトラブルについては、当サイトでは責任を負いかねます。ご了承ください。

プライバシーポリシー


情報マガジン「ハワイアンミュージック.com」は「個人情報の保護に関する法律」に基づき、「個人情報保護の基本方針(プライバシーポリシー)」を定めます。個人情報を保護し、適切に管理します。

個人情報保護の基本方針(プライバシーポリシー)
1.特定した利用目的を超えて、個人情報を利用することはありません。
2.個人情報を不正な手段により取得しません。
3.個人情報を利用目的の範囲内で、正確な内容に保つよう努めます。
4.個人情報の漏洩を防ぐために、適切な安全管理措置を講じます。
5.本人の同意を得ずに、個人情報を第三者へ提供することはありません。ただし、法令に基づく場合、人の生命や身体、財産の保護に必要な場合、公衆衛生や児童の健全育成に必要な場合、国などに協力する場合を除きます。