青森ねぶた祭(花火大会)

Aloha! Sasaです。青森ねぶた祭2018! ねぶたの海上運行と花火大会の観光リポート! 今回は、2018年8月7日に私の実家・青森市で開催された「第64回 青森花火大会」をご紹介。

青森花火大会は青森ねぶた祭のフィナーレを飾る、毎年8月7日に開催されるイベント。ねぶたの海上運行とともに、大型スターマインなどのダイナミックな花火が夜空を飾ります。

ライトアップされる幻想的なねぶたと、夜空の花火が華やかに競演! 花火大会を無料で見られる場所もあります。青森が実家だからこそ、知っている情報もご紹介します。

左 hawaii-fish

2018年の青森ねぶた祭、8月7日夜に開催された青森花火大会を紹介するよ。青森花火大会では、海上を進む青森ねぶたを見られる!幻想的できれい。おすすめだよ。

青森ねぶた祭・8月7日の夜は、ねぶたの海上運行と花火の競演!

青森ねぶた祭(花火大会・パンフ)

2018年の青森花火大会のパンフレットです。観覧席を購入しているともらえます。青森花火大会では、青森ねぶたが青森の海上を運行! 幻想的に輝くねぶたと、ダイナミックな花火。青森の短い夏をしめくくる、毎年夏のイベントです。

青森ねぶた祭(花火大会・スケジュール)

2018年の青森花火大会のスケジュールです。オープニングはねぶたの海上運行と花火の競演。ねぶたの海上運行のフィナーレには、超特大スターマインの花火が打ち上げられます。2018年は、19時15分ころからのスタート!

青森ねぶた祭(花火大会・観覧席地図)

青森花火大会の有料観覧席の地図です。有料観覧席は新中央埠頭と青い海公園の一部。海に面するA席B席、その後ろには、金網越しに海に面するC席があります。

青森花火大会の会場は、青森観光物産館アスパムの裏エリア!

青森ねぶた祭(花火大会・青森観光物産館アスパム)

青森ねぶた祭2018! 毎年8月7日開催の「青森花火大会」を見られる場所は、青森のお土産も買える三角形の「青森観光物産館アスパム」裏。

アスパムには裏側にも出入口があります。花火大会前には、青森観光物産館アスパムのトイレを利用する人の行列が。

事前にゲットできた花火大会の有料観覧席はC席。青森観光物産館からは徒歩で約15分です。それでは、歩いていってみましょう。

青森ねぶた祭(花火大会・ねぶたガイド看板)

青森花火大会の開催場所、アスパム裏手には、ねぶた小屋があります。ねぶたが運行しない時間帯なら、無料で「ねぶた小屋ツアー」のガイドをしてもらえます。

2018年夏の案内時間は、7月1日から22日までは10時から15時まで。7月23日から8月6日までは10時から15時30分まで。お昼の時間帯をのぞきます。

興味があるかたは、事前に時間をチェックしてみてください。ねぶたの起源や由来などを、わかりやすく説明してもらえる! 夏休みの子供の自由研究などにもおすすめですね。

青森ねぶた祭(花火大会・ねぶた小屋1)

青森花火大会の会場近くにある、ねぶた小屋。ずらりと大きなねぶた小屋が並んでいる!

青森ねぶた祭(花火大会・ねぶた小屋2)

ねぶたです! 青森花火大会の会場へ行くまでの間、ねぶた小屋でねぶたを見るのもおすすめです。ねぶた小屋なら、ねぶたをすぐ間近で見られますね。

ねぶた運行時には観覧場所によっては、近くではねぶたを見られないことも。ねぶた小屋の前では、真正面からねぶたを見たり、写真を撮ったりすることができます。

青森ねぶた祭(花火大会・ねぶた小屋3)

ねぶた小屋のねぶたに接近! 夜のねぶたでは見られない、近距離でのねぶた。迫力があります。

ねぶたのすぐ下にいると、きりりとしたねぶたに見られているよう。ねぶたの表情など、細かいところまで見られるので、観光にもおすすめの場所です。

青森ねぶた祭(花火大会・観覧席案内図)

青森花火大会の観覧席(C席)まで、歩いて行きます! 観覧席の案内看板も出ているので、わかりやすいです。

青森ねぶた祭(花火大会・出店)

青森ねぶた祭7日の花火大会・有料観覧席まで歩く途中には、さまざまな露店が出ていました。青森名産・津軽の岩木山エリアで収穫する甘いトウモロコシ「嶽のきみ」を買える店も!

青森の地元グルメを楽しむのもおすすめです。青森花火大会の観覧席まで、青森観光物産館アスパムから徒歩約15分! 観覧席の場所により、少し歩きます。歩きやすい靴を履いていったほうがよいでしょう。

青森花火大会の花火だけを見られる、無料の場所もある!場所取りのシートがまるでピクニック

青森ねぶた祭(花火大会・場所とり)

アスパム裏のエリアでは、観覧席がなくても無料で花火大会を楽しめます。ただし、無料エリアでは海上運行するねぶたを見ることは難しいです。

観覧席まで歩く途中には、すでに花火大会鑑賞の場所を確保する、ガムテープが貼られている!

青森ねぶた祭(花火大会・海)

青森花火大会の会場は、海のすぐそば! 磯の香りがしています。夏でも潮風が冷たいです。青森のねぶた祭の最終日、7日の夕方はなぜか毎年寒いです。

夏なのにと、実家が青森の私も驚きました。2018年は特に、半袖Tシャツでブルブル。綿の長袖でちょうどよいくらいです。あまりに寒くて近くで買うことに。

7日の青森花火大会のねぶたを観光するかたは、長袖やジャンパーなどを持つことをおすすめします。ライトダウンジャケットを着ている人もいましたが、それでちょうどいいくらい! 青森の8月7日の夜は毎年、秋!

青森ねぶた祭(花火大会・場所取りシート)

青森観光物産館アスパムの裏エリアには、花火大会の場所をとるシートがたくさん。

青森ねぶた祭(花火大会・アスパム裏手)

こちらにも。

青森ねぶた祭(花火大会・アスパム裏手2)

あちらこちらに、ビニールシート! まるでピクニック! おもしろい光景ですね。ねぶたの海上運行は、観覧席以外では見えにくいのですが、花火だけなら会場近くで無料で見られます。

青森ねぶたと花火の競演!海上運行は美しい

青森ねぶた祭(花火大会・ねぶた海上運行)

19時15分になりました。2018年の青森ねぶたが、青森湾の右手からゆっくりと近づいてきました。

青森ねぶた祭(花火大会・ねぶた観覧席C)

観覧席C席です。A席とB席は海に面しているのですが、C席の場所はA席とB席の後ろ。金網越しにねぶたが見える場所でした。青森湾の右から湾中央の観覧エリアへ、ねぶたが進んでくるのを待ちます。

青森ねぶた祭(花火大会・ねぶたと花火)

2018年の青森ねぶたがやってきました! 右下に光っているのが、海上のねぶた。ねぶたの上にはダイナミックな花火が輝きます。

青森ねぶた祭 詳細情報

  • 開催日程:毎年8月2日から7日まで
  • 開催場所:青森市のねぶた開催エリア、青森駅近く
  • 時間:8月2日〜6日は19:10〜21:00、7日は13:00〜15:00頃まで、7日夜にはねぶたの海上運行と花火大会があり

7日夜の海上運行ねぶたも、幻想的で観光におすすめ

青森ねぶた祭(花火大会)

2018年8月7日に開催された、青森ねぶた祭の「ねぶた海上運行と青森花火大会」をご紹介しました。青森ねぶた祭の8月7日の夜は、ライトアップされた幻想的なねぶたの海上運行と、花火の競演!

通常運行のねぶたとは、ひと味ちがったねぶたを観光できます。ねぶた祭観光の参考にしてみてください。

左 hawaii-kameleon

青森ねぶた祭、毎年8月7日夜のイベント「青森花火大会」は、ねぶたの海上運行と花火の競演。青森の8月7日夜は寒いので、長袖を持っていくことをおすすめするよ!