オンライン英会話受講イメージ

Aloha! Sasaです。今回は、オンライン英会話の講師が持つ、国際的な英会話教授資格のTESOL(テソル)についてご紹介します。

「オンライン英会話の講師資格でよく見る、TESOLとは?」というかたは、参考にしてみてください。

  • この記事を書いている人

    ハワイ好き。元旅行代理店勤務。海外旅程管理主任者(海外添乗員)資格合格。外大でドイツ語を専攻。独立行政法人 日本貿易振興機構(ジェトロ)の地方事務所で働いていたこともあり。英会話は電話取り次ぎレベル。ハワイ取材のために、スタディサプリENGLISH「新日常英会話コース」などで、英会話を学習中!

オンライン英会話のTESOL(テソル)は、英語教授資格の総称

TESL(テスル) TEFL(テフル)
英語
表記
Teaching English as a Second Language Teaching English as a Foreign Language
資格
内容
英語を母国語とする国で、
英語を母国語としない人へ、
英語を第二言語として教える英語教授資格
英語を母国語としない国で、
英語を母国語としない人へ、
英語を外国語として教える英語教授資格
アメリカにいる日本人へ、
第二言語として英語を教える
日本にいる日本人へ、
外国語として英語を教える

オンライン英会話の講師資格にある「TESOL(テソル)」は、英語を母国語としない人へ教える、国際的な英会話教授資格の総称。TESOLには、上記の2種類の資格があります。

TESOL(テソル)の資格取得には、400時間がかかる

TESOL習得イメージ(大学)

TESOL(テソル)の資格を取得する方法は、下記のいずれか。資格取得には、400時間もかかるそうです。

  1. 英語講師の養成機関で、短期コースを履修する
  2. 大学で特定の英語教授法コースを履修する
  3. 大学院で英語教授法の修士号を取得する

TESOL(テソル)の資格取得で学ぶ科目の例は?

TESOL学習イメージ

TESOL(テソル)の資格取得のために、必要な履修科目は下記などです。

  • 言語習得論
  • 異文化コミュニケーション学
  • 文法論
  • 発音学、音声学
  • 教科指導法
  • 評価法
  • 語学授業観察法
  • 授業計画
  • インターンシップ

オンライン英会話は、TESOL(テソル)保有講師がおすすめの5つの理由

オンライン英会話受講イメージ

効果的にオンライン英会話で学ぶなら、TESOL(テソル)保有講師のレッスン!

オンライン英会話で、TESOL(テソル)資格を持つ講師のレッスンを個人的におすすめする理由は、下記の5つです。

  1. 英語の文法と発音について、専門の知識を習得している
  2. 第二言語を習得するための仕組みを理解している
  3. 学習者にとって効果的な教え方を習得している
  4. 学習者のモチベーションを高める方法を知っている
  5. 学習者をリードする方法を知っている

TESOLを持つ講師のオンライン英会話で、効率的に学習!

オンライン英会話(vipabcイメージ)

オンライン英会話でよく見る、講師の資格「TESOL(テソル)」についてご紹介しました。TESOL(テソル)保有講師のオンライン英会話で、効率よく英会話を習得!

講師全員が「TESOL(テソル)」を持つオンライン英会話は下記です。英会話選びの参考にしてみてください。

あわせて読みたい記事

オンライン英会話の比較・体験談