雅叙園「いけばな×百段階段2018」イベント・リポート!【撮影可】

雅叙園(百段階段イベント・いけばな1)

Aloha! Sasaです。今回ご紹介するのは「いけばな×百段階段2018」。いけばなの57流派が集う、花のイベントです。

会場は文化財のため普段は撮影が禁止となっている、目黒雅叙園(ホテル雅叙園東京)の建物「百段階段」。

江戸文化の豪華な装飾美と、優美ないけばなの共演。週がわりで、それぞれの間でそれぞれの流派のいけばなを鑑賞できます。2018年の開催は9月21日〜11月21日。

「いけばな×百段階段2018」を見に、目黒雅叙園(がじょえん)の百段階段へ行ってきました!

左 hawaii-parakeet

ホテル雅叙園のイベント「いけばな×百段階段2018」を紹介するよ。誰でも気軽に楽しめる花の祭典。文化財「百段階段」も見ごたえがある!

豪華すぎる!花と歴史的建築物の共演
「いけばな×百段階段2018」

雅叙園(百段階段イベント・看板)

「いけばな×百段階段」は、日本の伝統文化・いけばなを楽しめるイベントです。ホテル雅叙園東京の歴史ある建物「百段階段」を舞台に開催されます。

いけばなの種類はさまざま。伝統的ないけばなから、ダイナミックないけばなまで。週がわりで部屋ごとに、それぞれの流派の作品を鑑賞できます。

雅叙園「百段階段」と日本の伝統文化「いけばな」の美しさが、みごとに共演。いけばなはもちろん、雅叙園「百段階段」の豪華な建築と、部屋の随所にある日本美術も見ごたえがあります。

玄関で迎えてくれたのは、龍生派のいけばな。豪快!

雅叙園(百段階段イベント・玄関のいけばな)

ホテル雅叙園東京の正面玄関すぐのエレベーターホールには、高さ2メートルほどもありそうな、巨大ないけばなの作品が!

玄関ホールのいけばなの展示は、週がわり。龍生派の家元により公開制作されたいけばなは、自由にのびのびと育つ植物そのもののように見えました。

龍生派のいけばなの基本は「植物の貌(かお)をとらえて自由に作品にしていく」ことなのだそうです。ダイナミックないけばなに迎えられて、百段階段へ入る前からわくわくします。

有形文化財「百段階段」。雅叙園の建築物を見るのもおもしろい

雅叙園(百段階段イベント・百段階段)

普段は撮影が禁止されている、ホテル雅叙園東京の「百段階段」。建てられたのは、昭和10年。雅叙園「百段階段」で開催されるイベントのときにのみ、イベントにより、写真撮影が許可されています。

「百段階段」は東京都の有形文化財。随所に日本画の大家による作品、彫刻、建築、工芸など、優美な日本美術が見られます。

雅叙園(百段階段イベント・百段階段の間)

百段階段には、雅叙園が建てられた当時の芸術家による美術が結集しています。部屋の天井に描かれているのは、四季の花鳥画です。一つひとつの間が、見ごたえがある!

「いけばな×百段階段2018」を一挙紹介!
最終週は龍生派などの流派

雅叙園(百段階段イベント・いけばな2)

それでは、雅叙園のイベント「いけばな×百段階段2018」の一部を見てゆきましょう。2018年の最終週の展示は、龍生派、未生流、古流、宏道流などのいけばなでした。

「いけばな×百段階段2018」を鑑賞する、所要時間は約1時間半。

混雑状況にもよりますが、ゆっくりと見たいかたは、2時間程度をみておくとよいでしょう。最初の間の奥にあったのは、高さ2メートルほどもある、大きないけばな!

雅叙園(百段階段イベント・百段階段の間2)

いけばなと一緒に、雅叙園の建物「百段階段」の装飾美術を見るのもおもしろいです。黒漆の細工が随所に見られます。

雅叙園(百段階段イベント・いけばな2)

黄色と赤があざやかないけばな。色がきれいですね。

雅叙園(百段階段イベント・いけばな3)

あたたかみのあるピンクの植物も。下にあるのは、羽のような白! これも植物でしょうか。

雅叙園(百段階段イベント・いけばな4)

まさに、繊細な日本美術といけばなの共演!

雅叙園(百段階段イベント・いけばな5)

黄色い装飾は、なんと、料理に使うボウル。植物の力強い生命力を、表現しているかのようにも見えました。

雅叙園(百段階段イベント・いけばな6)

きれいですね! ビビッドなピンクと黄色。

雅叙園(百段階段イベント・いけばな7)

小さないけばなもかわいらしいです。

雅叙園(百段階段イベント・いけばな8)

こちらは、豪華! 豪快ですね。

雅叙園(百段階段イベント・いけばな9)

お正月に飾りたい! 赤のかわいいいけばなも。

雅叙園(百段階段イベント・いけばな10)

盆栽のようにも見える、ユニークないけばな。自然に生えている植物のようです。

雅叙園(百段階段イベント・廊下)

百段階段の上の階です。窓から外を眺められます。風情がありますね。

雅叙園(百段階段イベント・いけばな1)

歴史を感じる建具といけばな。美しいですね。

フォトジェニックな和空間。雅叙園の百段階段は、貴重な美術品の宝庫

雅叙園(百段階段・間の天井)

ホテル雅叙園東京の、豪華な百段階段の一部をご紹介しましょう。雅叙園の創業当時のままに残る百段階段。

日光東照宮など、江戸文化に属するといわれる、豪華な日本の装飾美。純金箔の部屋など、7つの間があります。驚くほどの装飾や美術の豪華さ! こちらの間の天井には、四季の花鳥が描かれています。

雅叙園(百段階段・間の天井2)

天井に風雅な扇子が描かれた間も。

雅叙園(百段階段・間の装飾)

すごすぎる! 風格と歴史を感じさせられます。再現することが難しい建築物ということで、有形文化財に指定されたのだそうです。豪華で繊細な装飾美は、目を見張るものがあります。

雅叙園(百段階段・間の日本美術)

カレイの表情まで、細やかに描かれています。

雅叙園(百段階段・間の日本美術2)

上の階の間にあった、こちらの美術。青森ねぶた祭の「ねぶた」にも似ているように見えました。

雅叙園(百段階段・間の建具)

日本の伝統的な建具も見ごたえがあります。随所が貴重な芸術品!

雅叙園(百段階段・頂上の間看板)

いちばん上の階の間です。その名も「頂上の間」。99段を登りきったところにありました。百段階段は、1段を足して100段にせずに、99段で止まっています。

「永遠に続くような階段なので」「縁起かつぎのため」と言われているそうです。おもしろいですね。

雅叙園のイベント「いけばな×百段階段2018」詳細情報

  • 開催期間:2018年9月21日〜11月21日
  • 開催時間:10:00〜17:00
  • 会場:東京都指定有形文化財「百段階段」
  • 入場料:当日1,500円、前売1,200円、学生800円、小学生以下は無料
  • 備考:会期中のフリーパスもあり(2,300円)、百段階段の魅力を解説するイヤホンガイドあり

ホテル雅叙園東京 イベント公式サイト

毎年開催の「いけばな×百段階段」。花の美しさと日本美術を鑑賞できる

目黒雅叙園中庭

ホテル雅叙園東京のイベント「いけばな×百段階段2018」をご紹介しました。「いけばな×百段階段」は、一度にたくさんの流派の作品を楽しめる、花の祭典です。

いけばなと有形文化財が共演する、圧巻の空間を楽しめるイベント! 「美しい花を鑑賞したい」「歴史ある豪華な雅叙園の建物を見てみたい」両方を一度に叶えられる、おすすめの催事です。

左 hawaii-honu

ホテル雅叙園のイベント「いけばな×百段階段2018」。いけばなを鑑賞したいかたにも、文化財を見てみたいかたにもおすすめのイベント!