旅の図書館

Aloha! Sasaです。今回は、日本交通公社の「旅の図書館」をご紹介します。旅行へ行くことが決まってから、旅先の情報を集めるのも楽しいですね。

旅行の情報収集には「旅の図書館」がおすすめです。東京都八重洲にあった旅の図書館は、2016年に南青山へ移転し、リニューアルオープン。旅行のガイドブックをはじめ、旅行雑誌や旅行本、貴重な旅行の文献などを見られます。

旅行会社勤務時には、たまに利用をしていた八重洲の「旅の図書館」。今はインターネットやデジタル本が普及していますが、図書館で本を手にとって読むのもいいですね。南青山にある、おしゃれな旅の図書館へ行ってきました!

左 hawaii-parakeet

旅の図書館を紹介するよ!旅行の準備にも利用できそうだね。

旅の図書館とは?

旅の図書館1

旅の図書館はその名のとおり、旅行に関する図書や資料をそろえた専門図書館です。JTB、公益財団法人日本交通公社の図書館には、るるぶなどのガイドブックなども充実。旅行業に関わる人以外でも、無料で利用できます。

1978年に東京都の八重洲に開館。2016年に現在の南青山へ移転し、リニューアルオープンしています。1階のライブラリープラザで見られるのは、旅行に関する雑誌やガイドブック、新着図書など。

地下1階は専門図書フロア。観光研究や学術誌、古書などを公開しています。古書の中には「るるぶ」の初版なども。古い時刻表なども見られます。旅の図書館では本を借りることはできません。館内での閲覧に限られます。

旅の図書館は南青山駅近く、アクセスも良好!

旅の図書館周辺

旅の図書館は便利なロケーション! 東京メトロ青山1丁目駅から徒歩約3分。アクセス良好です。おしゃれな南青山の街に、ひっそりと佇みます。

一見、図書館には見えないので、通り過ぎてしまいそうです。表参道なども近いので、ついでにふらりと立ち寄ることもできますね。

るるぶなど、旅行の本やガイドブックがそろう!旅行の準備にもおすすめ

旅行イメージ

旅の図書館を旅行の準備に利用するのもおすすめです。図書館には国内・海外のガイドブックや雑誌が充実。文献は約2,300冊。ゆったりと旅行の本を眺めながら過ごせます。

ガイドブックは主にJTB発行のもの。雑誌は日本発行のものや海外発行のものなど「旅行に関する雑誌が全部ある?」と思うほど多くありました。

海外旅行のガイドブックは、ハワイなど、旅行先として人気がある国のものは少なめ。どちらかというと、旅先として珍しい国のものが充実しています。

ハワイなどのガイドブックは「ツタヤカフェ」のほうが多いですね。旅の図書館は、レアな都市への旅行の下調べに、最も利用できそうです。

小さな旅の図書館は、モダンなおしゃれ空間

旅の図書館イメージ
※イメージ画像

小さな旅の図書館は、白を基調としたモダン空間。外観も館内もおしゃれです。カフェ風の木のテーブルがあり、ゆったりと過ごせます。私は平日に行ってみたのですが、比較的すいていました。

1階には大きなテーブルが1つ、少人数がけのテーブルが2つあります。広くはないけれど、座ってゆっくりと旅行の本を読めました。館内の撮影は禁止されています。

持ち込みのパソコンは使えますが、ワイファイは使えません。ワーキング・スペースとして利用するのは難しいでしょう。

旅の図書館 詳細情報

名称:旅の図書館
住所:東京都港区南青山二丁目7番29 日本交通公社ビル
開館時間:10:30~17:00
休館日:土日、毎月第4水曜、年末年始ほか
アクセス:東京メトロ青山1丁目駅から徒歩約3分
旅の図書館公式サイト

旅行の準備にも、旅の図書館

旅の図書館イメージ2
※イメージ画像

旅の図書館をご紹介しました。旅の図書館では、旅行ガイドブックや雑誌を閲覧できるほか、旬のテーマでゲストを迎え、気軽な研究交流を行う「たびとしょカフェ」を定期的に開催しているそうです。

旅行に関するイベントもあるので、興味があるかたは、チェックをしてみてください。

左 hawaii-kameleon

旅の図書館はアクセス良好!何かのついでに立ち寄るのもよさそうだね。