リゾートしらかみ(五能線・千畳敷海岸)

Aloha! Sasaです。青森と秋田を結ぶローカル線「五能線リゾートしらかみ」。

海・山・岩の絶景を望み、全国的にも人気がある五能線リゾートしらかみを、青森が実家で五能線ファンのSasaがご紹介します!

リゾートしらかみの停車駅の見どころもピックアップ。「五能線リゾートしらかみの絶景旅に出かけてみたい」「リゾートしらかみの予約方法や、座席選びの注意点を知りたい」

「リゾートしらかみの停車駅の見どころを知りたい」というかたは、参考にしてみてください。

左 hawaii-fish1

五能線リゾートしらかみを紹介するよ!リゾートしらかみにのって楽しめる、停車駅の見どころもあわせて紹介!

五能線リゾートしらかみとは?

五能線リゾートしらかみ(青池)

「五能線リゾートしらかみ」は、青森県と秋田県を結ぶ43駅のJRのローカル線。海・山・岩の絶景を楽しめる、全国的にも大人気の路線です。

世界遺産・白神山地の麓、日本海の海岸沿いを走る「五能線リゾートしらかみ」は、一度のったらリピートしたくなる! 圧巻の景色に出会う旅へ、出かけてみませんか?

絶景のほかにも魅力がたくさん!五能線リゾートしらかみ

五能線リゾートしらかみ(千畳敷海岸10)

五能線リゾートしらかみの魅力を簡単にご紹介しましょう。

  1. 日本海と白神山麓の絶景に出会える
  2. ご当地グルメを食べられる
  3. 地元町の無形民俗文化財・人形芝居を見られる(橅車両のみ)
  4. 津軽弁の「語りべ」による昔話を聞ける
  5. 停車駅で地元民からご当地グルメなどを買える
  6. 鯵ヶ沢ー五所川原間で津軽三味線の演奏を聴ける(出発する号車によってあり)

グループ旅にもおすすめ!リゾートしらかみのボックス座席

リゾートしらかみ(五能線・ブナボックス席)

五能線リゾートしらかみの座席はひろびろ。席幅が広く、グリーン席のようなゆったり感があります。足元もひろびろゆったり。

大きな窓から、豊かな自然の景色を満喫できます。グループ旅にぴったりのボックス席は、テーブルがついた4名用。

「橅(ブナ)」車両で席をカーペット敷きのようにして、ゆったりと過ごすのもいいですね。

リゾートしらかみの車両は3種類。橅(ブナ)・くまげら・青池

リゾートしらかみ(五能線・ブナ)

五能線リゾートしらかみの車両は、橅(ブナ)・くまげら・青池の3種類。車両によって設備が異なります。

  • 橅(ブナ):世界遺産 白神山地のブナ林をイメージした車両。売店カウンターがある。車両により、ボックス座席をフラットなカーペット敷きのようにもできる
  • くまげら:白神山地生息のくまげらと五能線沿線の夕陽をイメージした車両
  • 青池:ハイブリッドシステムで動く車両

五能線リゾートしらかみ。旅のプランを作るときの注意点

五能線リゾートしらかみの旅のプラン作りの注意点! 駅弁や地酒、ご当地グルメなどを買えるのは、売店カウンターがある「橅(ブナ)」車両だけです。

「リゾートしらかみで駅弁を食べたい」「リゾートしらかみのカフェで、地酒を飲んでみたい」「リゾートしらかみ内で地元のお土産を買いたい」など、沿線グルメを楽しみたいかたは、橅(ブナ)車両を選びましょう。

絶景を堪能するなら、絶対に窓側!五能線リゾートしらかみでおすすめの座席

リゾートしらかみ(五能線・ブナの座席)

「えきねっと」で五能線リゾートしらかみの座席の空き状況を確認したら、座席を予約しましょう。リゾートしらかみで絶景を満喫できる、海側の席は「A」席です。

ボックス座席はすべて海側となっています。ボックス席の窓側はA席とD席です。

五能線リゾートしらかみの予約方法・料金・時刻表など

リゾートしらかみ(五能線・切符)

五能線リゾートしらかみは、全座が指定席の快速列車です。指定席の料金は520円。人気がある路線なので、早めの予約がおすすめ。

リゾートしらかみはローカル線で本数も少ないので、時期や車両によってはすぐに満席になることもあります。

旅のプランをたてたら、空席があるうちにJRの路線検索予約サイト「えきねっと」で空き状況を確認し、座席を予約しておくことをおすすめします。

>>五能線リゾートしらかみの座席を予約できる「えきねっと」
>>五能線リゾートしらかみの時刻表「JR東日本 公式サイト 五能線リゾートしらかみの旅 時刻表」

海と岩の絶景がつづく旅!五能線リゾートしらかみ

五能線リゾートしらかみ(千畳敷海岸・絶景)

五能線リゾートしらかみの絶景ポイントはここ! リゾートしらかみは、絶景ポイントでは速度を落として運行するので、ゆったりと景色を堪能できますよ。

  • 千畳敷から深浦間:奇岩と岩畳と海の絶景
  • 深浦からウェスパ椿山間:「日本の夕陽百選」にも選ばれる、海と緑の絶景
  • 十二湖から岩館間:海と夕陽の絶景

五能線リゾートしらかみ(千畳敷海岸7)

絶景ポイントの千畳敷駅で、リゾートしらかみは15分間停車します。発車の合図は汽笛です。音が小さくて聞こえないこともあるので注意しましょう。

千畳敷駅で2時間程度過ごすのもおすすめです。地元産のウニやイカなどを堪能できる、絶景食堂もありますよ! 詳細はこちらの記事「リゾートしらかみで行く五能線の旅!千畳敷海岸の絶景食堂!」で紹介しています。

※千畳敷駅を通過する号車もあります。最新の「リゾートしらかみ時刻表」でご確認ください。

リゾートしらかみの橅(ブナ)にのって、沿線のご当地グルメを楽しもう!

リゾートしらかみ(五能線・ブナの車内販売、駅弁)

五能線リゾートしらかみの車両「橅(ブナ)」には、売店カウンター「おらほ(津軽弁で私達のという意味)」があります。売店では、下記のようなご当地グルメを買えます。駅弁もおすすめですよ。

  • 地酒
  • 地ビール
  • 青森のシードル
  • 白神山地の天然水でいれたコーヒー
  • アップルパイなどのスイーツ
  • あわび五能線弁当、白神和牛弁当などの駅弁
  • 枝豆アイスなどのご当地アイス

停車駅でも地元グルメを味わえる!リゾートしらかみの「ふれあい販売」

リゾートしらかみ(五能線・ブナの食堂車)

五能線リゾートしらかみの停車駅では、地元民がのりこんで、地元グルメなどを販売します。「ふれあい販売」で買えるのは下記などです。

  • 十二湖駅から深浦駅:深浦町のご当地グルメ・マグカツドッグミニ
  • 川部駅から陸奥鶴田駅:アップルパイ
  • 深浦駅から五所川原駅:果肉も赤いリンゴのフリーズドライ菓子、リンゴの果肉が入った立佞武多どら焼き
  • 深浦駅:甘い深浦雪人参のビーフシチュー
  • 能代駅から深浦駅:秋田杉を使った木工品

リゾートしらかみの沿線には温泉宿も。泊まって観光するのもおすすめ

五能線リゾートしらかみ(観光スポット・不老ふ死温泉)
出典:ウィキペディア | Photo by Hitachi-Train

五能線リゾートしらかみの沿線には、温泉宿が数件あります。おすすめのホテルや旅館はこちら!

五能線リゾートしらかみ沿線のおすすめホテルは、こちらの記事「五能線リゾートしらかみの旅で宿泊したい!おすすめ宿4選!」でも紹介しています。

五能線リゾートしらかみの橅(ブナ)にのって、駅弁を食べてみよう

五能線リゾートしらかみで食べられる駅弁をご紹介しましょう。私が食べたのは「あわび五能線弁当」。

駅弁については、こちらの記事「五能線リゾートしらかみで行く絶景旅!ブナの車内販売や座席など」でも紹介しています。

リピートしたくなる!リゾートしらかみの旅のプラン

リゾートしらかみ(五能線・風景2)

五能線リゾートしらかみの旅のプラン(一例)をご紹介!五能線の楽しみかたはいろいろ。旅のコースも自由自在です。

青森県駅から出発するのもよし、秋田駅でなまはげ太鼓に迎えられて出発するのもよし。五能線リゾートしらかみの時刻表を見ながら、旅のコースを作ってみましょう。

五能線は1日3往復のみ。車両と時間をあらかじめ確認して、コースを決めておくことが必須です。青森駅発のコース例をご紹介します。参考にしてみてください。

絶景・温泉・青森の地元グルメを楽しむ2日間コース 例

1日目
青森駅(ねぶたの家 ワ・ラッセとホタテ釣り)ーー千畳敷駅(岩の絶景地に2時間滞在、絶景食堂で海鮮ランチ)ーー十二湖駅(ブナ自然林散策、青池)ーー鯵ヶ沢駅またはウェスパ椿山駅(温泉宿に宿泊)

2日目
鯵ヶ沢駅(わさおに会う)ーー五所川原駅(立佞武多の館)ーー新青森駅(あおもり旬味館)

実家が青森の私が教える!リゾートしらかみの停車駅の見どころ

五能線リゾートしらかみ(観光スポット・青池)

実家は青森。五能線リゾートしらかみの大ファンでリピーターの私が、沿線の見どころをピックアップ! おもに青森の観光スポットをご紹介します。 それでは、青森駅から見てゆきましょう。

1・青森駅

青森駅周辺の観光(ねぶたの家ワ・ラッセ)

リゾートしらかみの青森側の出発駅・青森駅。青森駅からすぐの場所には、青森の魅力を堪能できる観光スポットが点在しています。

青森のねぶたを一年中楽しめる「ねぶたの家 ワ・ラッセ」で、迫力あるねぶたを鑑賞するのもおすすめ。青森名産のホタテを500円で釣って食べられる、「あおもり帆立小屋」も人気です!

青森駅周辺の観光スポットについては、こちらの記事「青森駅周辺で観光したい!おすすめ穴場のグルメな観光スポット3選」で詳しく紹介しています。

>>ねぶたの家 ワ・ラッセ 公式サイト
>>あおもり帆立小屋 公式サイト

2・新青森駅

青森の観光スポット(旬味館・物産コーナー)

新幹線の駅・新青森駅の中には、青森のご当地グルメも食べたり、お土産を買ったりできる「あおもり旬味館」があります。青森の地元民で昼から賑わう居酒屋も。

コンパクトに青森の絶品グルメを堪能するなら、ここ! 少し足をのばして、「特別史跡 三内丸山遺跡」を見るのもおすすめです。

「青森旬味館」については、こちらの記事「青森・味の観光スポット!春夏秋冬おすすめ!「新青森駅 旬味館」」で詳しく紹介しています。

>>青森旬味館 公式サイト
>>特別史跡 三内丸山遺跡 公式サイト

3・弘前駅

五能線リゾートしらかみ(弘前公園イメージ)※イメージ画像

リゾートしらかみの旅で、スケジュールに余裕があるなら「弘前公園(国指定史跡)」へ。弘前公園内の弘前城天守は、国の指定重要文化財です。

>>弘前公園 公式サイト

4・川部駅

五能線リゾートしらかみ(田んぼイメージ)※イメージ画像

五能線リゾートしらかみでは、海と山の絶景だけではなく、おもしろいアートも楽しめます! 川部駅からアクセスできる「田んぼアート」は迫力があります!

5・藤崎駅

五能線リゾートしらかみ(りんごイメージ)※イメージ画像

五能線リゾートしらかみの停車駅・藤崎は、りんご「ふじ」発祥の地です。藤崎産のりんごは、蜜が入った甘いりんご!「ふじさき食彩テラス」で新鮮なりんごジュースを味わってみては?

6・板柳駅

五能線リゾートしらかみ(アップルパイイメージ)※イメージ画像

板柳駅で下車してみるのもおすすめ。おしゃれカフェ「カフェイリス」で、アップルパイなどのりんごスイーツを味わってみては? 酒蔵を見学できる、青森県最古の造り酒屋「竹浪酒造店」もあります。

7・陸奥鶴田駅

五能線リゾートしらかみの停車駅・陸奥鶴田駅周辺には、日本最長の木造の三連太鼓橋「鶴の舞橋」が! 橋は青森ヒバを使ってつくられています。

8・五所川原駅

たちねぷたの館(青森の祭・たちねぷた5)

リゾートしらかみの停車駅・五所川原の観光スポットは必見! おすすめは「たちねぷたの館」。高さ23メートルもの迫力ある「ねぷた」を鑑賞できるミュージアムです。約2時間で鑑賞できますよ。

たちねぷたの館はこちらの記事「たちねぷたの館がすごすぎる!イベントなどすべてをブログ紹介!」でも紹介しています! 

昔ながらの津軽鉄道にのって、太宰治の記念館「斜陽館」へ行ってみるのもおすすめです。

>>たちねぷたの館 公式サイト
>>太宰治記念館「斜陽館」公式サイト

9・木造駅

五能線リゾートしらかみの停車駅・木造には、巨大な土偶が!

10・陸奥森田駅

五能線リゾートしらかみの停車駅・陸奥森田駅周辺には、青森の食材を使った食事と温泉を楽しめるリゾートパーク「つがる地球村」があります。

11・鯵ヶ沢駅

五能線リゾートしらかみ(観光スポット・わさお)

五能線リゾートしらかみの停車駅・鰺ケ沢駅で下車して、ぶさかわ犬「わさお」に会いにいくのもおすすめ! わさおがいる焼きイカ店「七里長浜 きくや商店」では、焼きたての絶品イカを買って食べられますよ。

わさおについては、こちらの記事「五能線リゾートしらかみで行く!おすすめ観光スポット5選!」でも紹介しています!

鯵ヶ沢には、気軽に白神の森を歩いて楽しめる遊山道もありますよ。

>>白神の森 遊山道 公式サイト
>>鰺ヶ沢町観光ポータルサイト「あじ行く?」 七里長浜 きくや商店

12・千畳敷駅

五能線リゾートしらかみ(千畳敷海岸2)

五能線リゾートしらかみの停車駅・千畳敷駅を降りると、広大な岩畳の絶景が広がっています! 千畳敷駅でリゾートしらかみの2・3・4・5号車は15分間停車。

発車の合図の汽笛が鳴るまで、美しい千畳敷海岸を歩いてみては? 刻一刻と色が変わるようにも見える岩の海岸です。

こちらの記事「五能線リゾートしらかみで行く!絶景・観光スポット【千畳敷海岸】」も参考にしてみてください。

13・深浦駅

日本の夕陽百選にも選ばれた絶景を眺められる、五能線リゾートしらかみの停車駅・深浦。深浦駅で下車して、「深浦まるごと市場」で漁師町の鯛出汁ラーメンを味わってみては?

市場で好きな刺身を買って、オリジナルの定食を作って食べるのもおすすめです。太宰治が泊まった旅館を利用してつくられた、深浦ゆかりの文学者を紹介する館もあります!

>>深浦まるごと市場 公式サイト
>>太宰の宿 ふかうら文学館 関連サイト

14・ウェスパ椿山駅

五能線リゾートしらかみ(観光スポット・不老ふ死温泉)
出典:ウィキペディア | Photo by Hitachi-Train

五能線リゾートしらかみの停車駅・ウェスパ椿山駅でぜひ行ってみたいのが、海辺の露天風呂がある不老ふ死温泉。日帰り入浴(大人600円、子供300円)で、鉄分が豊富な黄金色の湯に浸かってみるのもおすすめです。

温泉を楽しんだあとは、海の絶景を望むレストランで、深浦町のご当地グルメ「深浦マグロステーキ丼」を味わってみてください。

>>不老ふ死温泉 公式サイト

15・十二湖駅

五能線リゾートしらかみ(観光スポット・青池)

まるで青いインクを垂らしたような池・青池がある、五能線リゾートしらかみの停車駅・十二湖駅。神秘的でフォトジェニックな池は必見!

青池がある十二湖周辺の散策もおすすめですよ。整備された遊歩道もあり安心。ブナの自然林を散策すると、野鳥の声が聞こえてきます。十二湖散策コースのスタート地点は、路線バスの停留所「奥十二湖駐車場」です。

>>青森県深浦町観光公式サイト 深浦ってどこ?

16・岩館駅

五能線リゾートしらかみの停車駅・秋田の岩館駅エリアも、海の絶景を見渡せる場所! リゾートしらかみはゆっくりと、速度を落として走ります。

海と山の絶景を堪能できる、五能線リゾートしらかみの旅はおすすめ!

五能線リゾートしらかみの旅をご紹介しました!沿線の見どころもご紹介しています。

リゾートしらかみの旅は、「絶景旅へ出かけてみたい」「壮大な自然に抱かれてゆったりと過ごしたい」「良質の温泉に浸かりたい」というかたにもおすすめです。旅のプラン作りの参考にしてみてください。

左 hawaii-parakeet

五能線リゾートしらかみの旅は、海と岩の絶景と温泉を楽しめる!沿線のご当地グルメもおもしろい。

人気記事 五能線リゾートしらかみで行く絶景旅!ブナの車内販売や座席など
人気記事 五能線リゾートしらかみの旅で宿泊したい!おすすめ宿4選!